コリアンブイヤベース

投稿日:

RECIPE NO.137

サロン ド ルージュ 川越 直子

調理時間:20分以内

コメント

南フランスの郷土料理の、魚介類スープを、韓国風にアレンジしたスープ。魚介の旨みのスープにコチュジャンの辛味と風味がよく合います。ご飯とも合うスープ。

材料(2人分)

玉ねぎ
1/2個
長ねぎ
1/2本
白菜
150g
オリーブオイル
適宜
「スンチャンコチュジャン」
大さじ1/3~1/2
トマトペースト
大さじ1
旬の魚介類(真タラの切り身、渡り蟹、帆立等)
合わせて500~600g位
大さじ2
みりん
大さじ2
3・1/2カップ(700ml)
鶏ガラスープの素
大さじ1

作り方

  1. 玉ねぎ、長ねぎは薄切り、白菜は1cm幅に切ります。
  2. 旬の魚介類は食べやすい大きさに切ります。
  3. 鍋にオリーブオイルを入れ、玉ねぎ、長ねぎ、白菜をよく炒め、「スンチャンコチュジャン」とトマトペーストも加え、弱火でよく炒めます。
  4. 酒、みりんも加え炒め、水と鶏ガラスープの素、魚介類も入れます。沸騰したら弱火にしアクを取ります。10~15分程弱火で煮込みます。
  5. 器に盛り、ゴマバケットを添えてできあがり。
  6. お好みでコチュジャンを更に混ぜながら頂きます。

ポイント

魚介類は、貝類や蟹類も入れると美味しい出汁がでます。魚は白身の塩分のないものを選びましょう。ゴマバケットは、薄切りのバケットにオリーブオイル、すりごま、塩を混ぜたものを塗り、香ばしく焼いて作ります。

-

Copyright© 大象ジャパン公式サイト , 2018 All Rights Reserved.