韓国風〆鯖のお寿司

投稿日:

RECIPE NO.163

サロン ド ルージュ 川越 直子

調理時間:20分以内

コメント

〆鯖の韓国風のお寿司。「スンチャンコチュジャン」は青魚にとっても合うんです。「スンチャンコチュジャン」は魚の臭み消しにもなり、魚嫌いな方でも美味しく食べれます。

材料(2人分)

鯖(半身)
2切れ
適宜
市販のすし酢(鯖を〆る用)
大さじ1・1/2
市販のすし酢(すし飯用)
大さじ1
※「スンチャンコチュジャン」
大さじ1/2
※みりん
大さじ1/2
※しょうゆ
小さじ1/2
※ごま油(タレ用)
小さじ2/3
ごま油(すし飯用)
大さじ1/2
1合
大さじ1
白ごま
大さじ1/2
しその葉
4枚
あさつき
少々

作り方

  1. すし飯を作ります。米を洗い180mlの水に30分程つけ、酒とごま油を加えて炊きます。炊きあがったら、すし酢、白ごま、千切りにしたしその葉を加え混ぜます。
  2. 鯖は塩を全体にふり10分程おきます。鯖の水気をふき、骨抜きで中骨を取り,薄皮をむきます。長く半分に切ります。
  3. [2]にすし酢をまぶし、冷蔵庫で1時間程おきます。
  4. ※の調味料を合わせて、コチュジャンタレを作ります。
  5. 鯖の水気をふき、ラップに皮めを下に置き、身のほうにタレをぬります。その上にすし飯を細長くのせ、ラップで巻きながらしっかりご飯と鯖をくっつけます。少し馴染むまでラップを巻いたまま置いておきます。
  6. ラップをはずし、上にもタレをぬります。一口大に切りわけ、上にあさつきをのせていただきます。

ポイント

鯖にすし酢をまぶす時は、ラップに魚を包むようにしてまぶすと少ない酢で全体を〆る事ができます。最後に、ご飯と共にラップで巻いたら、再度すだれで形を整えると綺麗に仕上がります。

-

Copyright© 大象ジャパン公式サイト , 2018 All Rights Reserved.